長友 ガラタサライとの契約は半年限定のレンタルか 伊紙報じる

[ 2018年1月31日 18:30 ]

インテル・ミラノの日本代表DF長友
Photo By スポニチ

 トルコの名門ガラタサライへの移籍が事実上決定したと報じられた日本代表DF長友佑都(31=インテル・ミラノ)だが、契約は半年のみのレンタルで延長はなしとする報道も出てきた。

 31日のイタリア地元紙・コリエレ・デロ・スポルト、およびトゥットスポルトともに、ガラタサライへの移籍には買取のオプションはつけられない模様と報じた。コリエレ・デロ・スポルトは「アリベデルチ、ユウト」と、今生の別れではなくまた会おうという意味の挨拶を用いて報道。

 また、トゥットスポルトは移籍の背景として「テリム監督が左サイドバックの獲得を熱望していた」と報じた。同紙によれば、左サイドバックのラトブレビチは落第、もう一人のハカン・バルタも35歳の高齢であることから補強が要望されていたという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2018年1月31日のニュース