PR:

FC大阪・近藤岳登が現役引退「一生挑戦」 26歳でJデビューした異色選手

現役引退を表明したDF近藤岳登
Photo By スポニチ

 FC大阪のDF近藤岳登(36)が31日、現役を引退することを所属事務所を通じて発表した。今後はサッカー指導者としてサッカーの普及、育成を行うほか、「メディアやラジオ、MC、モデルなどに挑戦し、全ての人に笑顔と情熱を与えられる、そんな存在になりたい」と抱負を語った。

 びわこ成蹊スポーツ大を経て07年に神戸に入団。26歳にしてJリーグデビューを果たした異色の経歴の持ち主。13年には水戸に移籍し、14年からは現在所属するFC大阪でプレーしていた。

 近藤は「情熱とノリだけでサッカーをしていた僕を大切にしてくれたヴィッセル神戸、30歳を超えても熱烈オファーで迎え入れてくれた水戸ホーリーホック、引退という絶望から、もう一度大好きなサッカーを与えてくれ、さらには膝軟骨の再生医療という、復帰できるかもわからない未知なる挑戦に一緒に立ち向かい戦ってくれたFC大阪。心より心より感謝申し上げます!」と所属した各クラブに感謝。「プロサッカー選手としては引退しますが、私は死んでもサッカーを愛するサッカーマンです」と宣言した。

 今後については「サッカーマンとしての情熱と魂を持って、今後はサッカーの普及、育成はもちろん、メディアやラジオ、MC、モデルなどに挑戦し、全ての人に笑顔と情熱を与えられる、そんな存在になりたいと思います」と決意。「近藤岳登はまだまだ走り続けます。皆さんの情熱で僕を走らせ続けてください。一生挑戦、一生情熱!!」と締めくくった。

[ 2018年1月31日 12:09 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:09月24日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      ACL

      海外サッカー

      コラム