長友 移籍先にトルコ1部ガラタサライ浮上!すでに代理人が現地入りか

[ 2018年1月31日 06:05 ]

インテル・ミラノの日本代表DF長友
Photo By スポニチ

 インテル・ミラノの日本代表DF長友佑都(31)がトルコ1部ガラタサライに電撃移籍する可能性が浮上した。地元衛星放送局スカイスポーツなど複数メディアが30日に報じた。

 報道によると、ガラタサライは長友に対し、期限付き移籍での獲得をオファー。契約は今季終了までで、買い取りオプションも付いているという。一部では同じくトルコ1部フェネルバフチェやスペイン1部ベティスから期限付き移籍でのオファーがあるとも報じられたが、現時点でガラタサライが一歩リードしており、すでに長友の代理人が交渉のためイスタンブールに入ったとしている。

 長友は11年にインテル・ミラノに加入し、今季は在籍8シーズン目。しかしライバルの加入などで出場機会が減少しており、直近はリーグ戦10試合で出場はわずか1試合。スパレッティ監督は28日に「私には、長友が出場機会が得られるチームに移るべきか検討したがっているように感じられる」と話していた。6月にはW杯ロシア大会が控えるが、31歳はここに来て大きな決断を迫られている。

 ▼ガラタサライ トルコ最大の都市イスタンブールを本拠地とし、1905年に創設された。リーグ優勝19度、カップ戦優勝14度の強豪クラブ。ホームスタジアムはトルコ・テレコム・アリーナ。元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバ(13〜14年)、元フランス代表MFフランク・リベリ(05年)など世界的なスターも所属していた。日本人選手は06〜07年シーズンに元日本代表MF稲本潤一が所属した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2018年1月31日のニュース