寿人不発も…広島 山岸劇弾で年間首位返り咲き

[ 2015年10月18日 05:30 ]

<広島・川崎F>決勝ゴールの山岸(左端)を歓喜の輪に迎え入れる佐藤(左から2人目)ら広島イレブン

J1第2S第14節 広島2―1川崎F

(10月17日 Eスタ)
 劇的弾で広島が年間首位に返り咲いた。後半ロスタイム、途中出場の山岸のボレーで2―1で勝利。森保監督は「全員でやり続けてくれた結果が最後の大仕事につながった」と選手を称えた。

 J1最多得点記録157に王手をかけている佐藤は5試合連続不発。相手FW大久保に目の前で決められ、通算得点で1差に迫られたが「個人的な勝負は(大久保)嘉人の勝利だけど、チームとして勝てた。そっちの方が良い。残り3試合でゴールを取れなくても、それもサッカー」とフォア・ザ・チームを強調した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2015年10月18日のニュース