永木の男気!湘南 因縁の東京撃ちでJ1残留決めた

[ 2015年10月18日 05:30 ]

<FC東京―湘南>後半、決勝ゴールを決め喜ぶ菊池(右から2人目)ら湘南イレブン

J1第2S第14節 湘南2―1FC東京

(10月17日 味スタ)
 湘南は2年前、降格決定に泣いた因縁のアウェーFC東京戦で勝利を飾り、3度目の昇格シーズンで初のJ1残留を決めた。

 前半ロスタイムの約35メートルのFKで先制点を演出した主将のMF永木は終盤、足をつってもプレーを続行する執念を見せた。試合後、チョウ・キジェ監督が「永木は足がつっても1秒後に立ち上がってプレーした。うれしかった」と声を震わせれば、真壁会長は「本当に強くなった」と男泣き。また大倉社長は監督の去就について「来季については白紙。彼のキャリアもあるし、契約で縛ることはできない。今後話し合う」と話すにとどめた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2015年10月18日のニュース