岡崎がJ2降格の古巣にエール「エスパルスは必ず這い上がれます!」

[ 2015年10月18日 20:05 ]

J2に降格が決まった古巣清水にエールを送ったレスターの日本代表FW岡崎

 イングランド1部プレミアリーグのレスターに所属する日本代表FW岡崎慎司(29)が18日、自身のツイッターを更新。クラブ史上初のJ2降格が決まった古巣・清水に「エスパルスは必ず這い上がれます!」と熱くエールを送った。

 岡崎のツイートは9月20日以来28日ぶり。「エスパルスが降格して本当に悲しいし悔しい」と書き出しつつも「でも決まったことを受け止めて、ラスト3試合にチームやサポーターが一丸となって戦ってほしい。僕がこんな事を言える立場ではないけど、そうする事が来年に繋がると信じてます。エスパルスは必ず這い上がれます! 」と続けた。

 岡崎は滝川第二高校(兵庫県)から2005年に清水入り。当初はベンチ入りもままならなかったが、持ち前の根性と泥臭さで徐々に力をつけ、エースストライカーに成長。6年間在籍した清水を離れ、11年からドイツ1部ブンデスリーガのシュツットガルトへ移籍した。

 その際の移籍を巡っては当時のクラブ幹部との間で後味の悪い思いも味わったが、ドイツ1部のマインツに在籍していた今年5月には、ホームのIAIスタジアム日本平で行われたJ1第1ステージ第14節・川崎F戦でイベントに参加。古巣や元チームメート、サポーターへの変わらぬ愛着を見せていた。

 清水で現在もプレーする選手では、DF平岡康裕(29)、MF枝村匠馬(28)が同期にあたる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2015年10月18日のニュース