FC東京 ホームで手痛い黒星…年間3位確保へ暗雲

[ 2015年10月18日 05:30 ]

湘南に敗れ肩を落とすFC東京イレブン

J1第2S第14節 FC東京1―2湘南

(10月17日 味スタ)
 FC東京がホームで手痛い黒星を喫した。

 後半5分に東の得点で追いついたが、5分後に再びリードを許し、その後の猛攻も実らなかった。前半22分に守備の要で主将の日本代表DF森重が左膝を強打。フィッカデンティ監督は「打撲。2~3日たてば良くなる」と話したが、回復が遅れれば24日のホーム浦和戦に出られない可能性もある。年間3位死守のため、太田は「残り3試合。まずは次に勝てるように」と必死に前を向いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2015年10月18日のニュース