代表選出の清武が勝利貢献「連係は良くなっている」

[ 2014年12月17日 09:11 ]

ブンデスリーガ ハノーバー2―0アウクスブルク

(12月16日)
 ハノーバーの清武は前半20分の先制点につながるCKを蹴るなどリーグ戦5試合ぶりの勝利に貢献。ゴールを奪った13日の前節も引き分けており「勝てたことがなによりも大きかった」と胸をなで下ろした。中盤の他の選手とポジションチェンジを繰り返しながら積極的にボールを受け「連係は良くなっている」と手応えを得た様子だ。

 来年1月のアジア・カップに臨む日本代表に選ばれた。アギーレ監督となってからは初めての招集で「正直びっくりした」と話す。意気込みを問われると「とりあえず(冬の)休みまでにあと1試合しっかりやりたい」とまずはクラブでの活躍を誓った。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年12月17日のニュース