長友 左に右にフル回転!新体制初白星貢献で地元紙から高評価

[ 2014年12月17日 05:30 ]

キエーボ戦の前半、攻め込むインテル・ミラノの長友(右)

セリエA インテル・ミラノ2―0キエーボ

(12月15日)
 インテル・ミラノのDF長友は左右でフル回転し、マンチーニ監督に就任4試合目での初白星を贈った。

 左サイドバックで先発し、前半19分に自身のクロスから先制点が生まれた。後半40分から右サイドに移り、シュート性のクロスを放つなど積極的な姿勢を貫いた。「(監督の)初勝利でホッとしている」と話した長友だが「右も左もしっかりと監督の期待に応えたいという気持ちがある」と向上心を忘れなかった。16日付の地元紙は軒並み6・5点の高得点。コリエレ・デロ・スポルト紙は「ようやく恵みの夜。ピッチを駆け抜け、自分のサイドを完全に支配」と称賛した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年12月17日のニュース