熊本 加藤GKコーチと契約更新せず 4月には7年ぶり選手登録も

[ 2014年12月17日 15:24 ]

 J2熊本は17日、加藤竜二GKコーチ(44)と双方合意の上、来季の契約を更新しないことになったと発表した。

 加藤GKコーチは、相次ぐ故障でGK不足に陥った今年4月に44歳にして7年ぶりに選手登録。6年間のブランクを経ての再登録は海外移籍などを除いてJリーグ史上最長となり、話題を呼んだ。4月20日の第8節・山形戦(NDスタ)では控えGKとしてベンチに入りしたが出場はなく、1週間後に選手登録を抹消してGKコーチに戻っていた。

 クラブを通じ「チーム発足当時より応援して頂き、ありがとうございました。在籍中にJ1昇格の夢は果たせませんでしたが、これより、自分自信の次へのステップに向けて歩んでいきたいと思います。関係者の皆様、応援して頂いた皆様、本当にありがとうございました。心より御礼申し上げます」とコメントしている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年12月17日のニュース