熊本、広島からDF大谷が期限付き移籍「体を張って守る」

[ 2014年12月17日 11:03 ]

 J2熊本は17日、J1広島からDF大谷尚輝(19)が育成型期限付き移籍にて加入すると発表した。移籍期間は2015年2月1日から2016年1月31日まで。

 広島県出身の大谷は広島の下部組織育ちで、今季トップチームに昇格。公式戦出場はまだない。

 大谷は熊本を通じて「このたび、サンフレッチェ広島より期限付き移籍加入することになりました。ロアッソ熊本は、チーム一丸となって攻守にハードワークするイメージのクラブです。自分は体を張って守るプレーも良さの一つなので、そのようなプレーなどでチームに貢献したいと思います。応援をよろしくお願いします」とコメント。

 広島を通じては「この1年、特にシーズン後半でとても成長できたと思っています。もちろん、まだ課題も多いですが、来季は自分がどれだけ熊本でやれるのかチャレンジしてみたいと思い、期限付きという形ですが移籍を決めました。今後も応援をよろしくお願いします」と談話を発表している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年12月17日のニュース