村井チェアマン アギーレ監督の去就問題に見解“起訴なら解任”

[ 2014年12月17日 05:30 ]

インタビューに答えるJリーグの村井満チェアマン

 日本サッカー協会の副会長を兼務するJリーグの村井チェアマンは八百長で告発されたアギーレ監督について、起訴に発展すれば解任すべきとの見解を示した。

 「現段階でコメントできる材料がないので控えたい」とした上で「起訴までいけば重大な問題。明確な問題が明らかになれば協会も毅然(きぜん)たる対応を取るだろう」と説明。指揮官の去就に関して曖昧な発言に終始した西沢コミュニケーション部長とは対照的に、明確な方針を打ち出した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年12月17日のニュース