今野3年ぶり代表弾「入っちゃった感じ」 アギーレJ初出場で結果

[ 2014年11月19日 05:30 ]

<日本・オーストラリア>後半16分、先制ゴールを決めた今野(中央下)はイレブンから手荒い祝福に悶絶

キリンチャレンジ 日本2―1オーストラリア

(11月18日 ヤンマー)
 アギーレ・ジャパン初出場の今野が、代表返り咲き弾を決めた。後半からピッチに入ると16分、本田のCKをファーサイドでフリーになり、頭で先制弾。11年11月11日のW杯ブラジル大会3次予選タジキスタン戦以来の通算2点目に「マークもついてなかったし、枠に飛べばと思って打ったら入っちゃった感じ。勝利に貢献できて良かった」と充実感をにじませた。

 ダブルボランチの一角でプレーし、後半5分には相手ボールを奪って決定的なチャンスにつなげるなど特長を発揮。「あそこは自分の持ち味」とうなずくと「ボランチだけで勝負したい野心がある」と力を込めた。前回のアジア杯決勝では起用を固辞したポジションで同杯連覇に挑むことを誓った。

 W杯ブラジル大会以来の招集。これまでの代表戦をテレビ観戦し「見ていると言いたいことも出てくる。自分も他の選手にそう見られていると再確認したし、積極的にやらなきゃいけない」と、さらに責任感が増した。「代表はやっぱり良い場所。生き残りたい」。31歳のベテランが、し烈な中盤の定位置争いに名乗りを上げた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2014年11月19日のニュース