ドゥンガ監督 主将交代の不満一蹴「ルールに従うべき」

[ 2014年11月19日 05:30 ]

 ブラジル代表のドゥンガ監督がDFチアゴ・シウバの主将交代に関する不満を一蹴した。

 W杯ブラジル大会で主将だったチアゴ・シウバはドゥンガ体制でFWネイマールが主将に指名されたことに「自分は何の説明もなく外された」と地元紙で不満を示したが、指揮官は「誰にも話さず決めるのが私のやり方。代表では組織のルールに従うべき」とピシャリ。リーダーは複数必要であることも訴えた。チアゴ・シウバは17日、コメントが曲解されたと主張。同監督とネイマールに説明し、和解したと明かした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2014年11月19日のニュース