ディマリア 親善試合で足を負傷も「週末はプレーできるよ」

[ 2014年11月19日 17:34 ]

マンチェスターUで7番を背負うディマリア(AP)

 マンチェスター・ユナイテッドのFWアンヘル・ディマリア(26)がアルゼンチン代表として18日に行われたポルトガル代表との国際親善試合に出場。前半にポルトガル代表のFWナニと接触した際に足を負傷した。

 その後もプレーを続けるも後半に途中交代したディマリアはX線検査を受けるために病院へ直行。周囲を心配させたが、結果は皮膚を少し切っただけの軽傷だった。

 ディマリアはナニとの接触について「強く当たられたが、重症になるようなものではないと思った」とコメント。そして、週末に行なわれるプレミアリーグ第12節のアーセナル戦の出場については自身のツイッターで「もうこれ以上、足が腫れることもないだろうし、週末はプレーできるよ」とメッセージを送り、ファンを安心させた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2014年11月19日のニュース