松本 GK野沢ら3選手に戦力外通告、ユンと契約解除、飯尾は引退

[ 2014年11月19日 14:12 ]

 今季J2で2位が確定し、来季のJ1昇格を決めた松本が19日、GK野沢洋輔(35)、FWサビア(32)、FWイ・ジュンヒョブ(25)の3選手と来季の契約を結ばないことを発表した。

 また、MFユン・ソンヨル(27)との契約を両者合意のもとで解除することも決まった。同選手は韓国に帰国する予定で「3年間お世話になりました。一緒に戦ったチームメイト、スタッフ、サポーターの皆さんへは言葉で表せないほど感謝の気持ちでいっぱいです。このクラブでJ1に昇格する事ができた事は僕の誇りです。本当にありがとうございました」とクラブを通じてコメントした。

 このほか、DF飯尾和也(34)が今季限りで現役引退することも発表。飯尾は「松本に来て約3年、多くのサポーターに支えられこのチームで自分が力になれるところまでやり切って辞めようと決めていました。そしてJ1昇格を果たし最高のスタッフ、仲間、サポーターと共に選手生活を全う出来てとても幸せです。しかし、まだ1試合あります。チームのために全力を尽くす自分のスタイルを最後まで貫き通したいと思います」とコメントし、ファンに感謝した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2014年11月19日のニュース