途中から“本職”でプレーも 香川 得点絡めず「物足りなかった」

[ 2014年11月19日 05:30 ]

<日本・オーストラリア>前半、競り合う香川

キリンチャレンジ 日本2―1オーストラリア

(11月18日 ヤンマー)
 MF香川はホンジュラス戦で左だったインサイドハーフの位置を遠藤と左右入れ替えてプレー。「圭佑君(本田)が起点になることが多かったので、そのサイドでやりやすかったのが大きい」と本田と同サイドでプレーすることでより、攻撃に厚みを加える狙いがあったことを明かした。

 システム変更後は“本職”のトップ下に入ったが、得点には絡めずに終わり「サイドからのクロスでチャンスがあった。個人的にも2、3本あったけど決められなかった。物足りなかった」と反省を口にした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2014年11月19日のニュース