2発演出の本田 アジア杯ゴール宣言「本番は取るべき選手が取る」

[ 2014年11月19日 05:30 ]

<日本・オーストラリア>前半、シュートを放つ本田

キリンチャレンジ 日本2―1オーストラリア

(11月18日 ヤンマー)
 アジア杯の覇権を争う最大ライバルに競り勝っても、本田はやはり本田だった。「監督が求めていた“テストではなく、勝利へのこだわり”。結果が出せたことは良かった。本番へ向けて勝てたことは収穫。1つ前に進めた」と結果には及第点。だが、「目指しているものではないし、簡単に数試合では改善できない」とさらなるチーム力アップへ意欲を見せた。

 勝利は本田の左足が呼び込んだ。遠藤が交代した後はCKのキッカー役を務め、後半16分には右CKから今野の先制点をアシスト。岡崎の追加点も自らの左CKがきっかけをつくった。過去3戦1得点1アシストだったオーストラリアとの相性の良さを再び示し、結果だけみれば十分な働きだ。

 ただ、本人の見方は違う。戦況は序盤から劣勢続き。初シュートは本田自らが右サイドから中央へ切れ込んで放った前半25分まで待たなければならなかった。「相手の良い時間で自力で押し込めなかったことは課題」。連係についても「裏(のスペース)に抜けてもボールが来なかったり。もう少しコミュニケーションを取って裏に出すように伝えていきたい。融合が課題」とチームとしての未熟さを反省した。

 厳しい言葉が続くのはアジア杯での連覇を狙っているからこそだ。11年のカタール大会は大会MVPも受賞したが、「前回はその場しのぎで根性みたいな形で優勝した」と振り返る。

 「練習試合では見えないものも多い。本番とは程遠い」と、相手が同じであっても親善試合とは違う激しい戦いが続くのは経験済み。「連覇がどれだけ難しいかは分からないけど、ハプニングとか大会中はいろんな発見がある。そういう難しさや緊張感を味わいながら連覇に挑戦したい」と気を引き締めた。

 「練習試合では前線の選手は皆、得点を取りたいというオーラを出すけど、本番は違う。取るべき選手が取る」。連覇への鍵を握るのは、真のゴールゲッター。それはW杯後にトップ下からFWに転向した本田自身にほかならない。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2014年11月19日のニュース