浦項1次リーグ突破 黄善洪監督「これからもC大阪の勝利を祈っている」

[ 2014年4月16日 23:06 ]

前半、南野(右)は一発レッドカードで退場となり、あ然とした表情

ACL1次リーグ 浦項2―0C大阪

(4月16日 ヤンマー)
 浦項は最終戦を残して1位での1次リーグ突破を決めた。黄善洪監督は「5試合のうちにベスト16を決めたかったので達成できて良かった」と喜びを口にした。

 1999年にC大阪でJ1得点王に輝いた指揮官はバスでスタジアムに向かう途中、かつての住居も目にしたそうだ。「懐かしかった。対戦には複雑な気持ちがあったが、これからもC大阪の勝利を祈っている」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年4月16日のニュース