浦和 先発10人入れ替え若手のゴールで競り勝つ

[ 2014年4月16日 23:10 ]

Jリーグ・ヤマザキナビスコ・カップ1次リーグ第3節B組 浦和4―3徳島

(埼玉)
 直近のリーグ戦から先発10人を入れ替えた浦和は、普段出番の少ない若手の阪野、矢島、浜田のゴールで勝利を引き寄せた。前半32分にCKから得意のヘディングで決めた2年目の阪野は「今季は(公式戦で)1分も出ていなかったので、このまま続けてアピールしたい」と話した。

 サポーターが差別的な横断幕を掲げた問題に揺れた3月は公式戦で2勝1分け3敗だったが、4月はこれで4連勝。ペトロビッチ監督は「3失点より、4点を取って勝ったことを前向きに捉えたい」と上機嫌だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年4月16日のニュース