J実行委員会「3つのフェアプレー」宣言へ、模範行動促す

[ 2014年4月16日 05:30 ]

 Jリーグは都内でJ1、J2合同実行委員会を開き「3つのフェアプレー」宣言を行う方針を決定した。

 決まったのは(1)ピッチ上のフェアプレー(2)ソーシャル(社会的)(3)ファイナンス(財務)の3つ。浦和の差別的横断幕の問題や3月8日の広島―川崎F戦でブックメーカーのオッズ変動に不自然な点があり、八百長がなかったか調査が行われた問題など一連の流れを受け、あらためてさまざまな分野で模範となる行動を促す。22日の理事会で可決される。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年4月16日のニュース