鹿島 ルーキー赤崎がプロ初ゴール「自分がチームを勝たせようと思った」

[ 2014年4月16日 23:02 ]

ヤマザキナビスコ杯予選B組 鹿島2―1仙台

(4月16日 ユアスタ)
 筑波大からのルーキー赤崎がプロ初ゴールで鹿島を勝利に導いた。1―1の後半38分、スペースに出した植田の長いパスに追い付き、GKの位置を確認して右足で近いサイドに流し込んだ。運動量も多く守備でも貢献し「自分がチームを勝たせようと思った。結果が出て良かった」と頼もしい言葉を並べた。

 同じ鹿児島県出身で、ドイツへと渡った大迫(1860ミュンヘン)の後釜と期待される。12日のJ1新潟戦に続く先発で力を示し「調子が上がっているし、貢献できる」と力強く言った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年4月16日のニュース