甲府 最後に失点「経験の少なさが出た」

[ 2014年4月16日 22:55 ]

ヤマザキナビスコ杯予選B組 甲府0―1新潟

(4月16日 デンカS)
 甲府が最後に失点し、初黒星。若手を多く起用して堅守速攻を狙ったが、引き分けも逃した。城福監督は「勝ち点1を持ち帰って、若い選手に自信を植え付けたかった。よく戦ってくれたが、最後に経験の少なさが出た」と残念がった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年4月16日のニュース