ハーフナー2発!!チーム連勝貢献でW杯代表入りへ光明

[ 2014年3月3日 05:30 ]

ローダ戦の前半に先制ゴールを決め、喜ぶフィテッセのハーフナー(左)

オランダリーグ フィテッセ3―0ローダ

(3月1日)
 フィテッセのFWハーフナーが2連勝の立役者となった。ローダ戦で先発して2得点。2戦連発で今季8得点とし、3―0の大勝に導いた。

 まずは前半14分、左クロスを頭で合わせて先制点。「やっとああいうゴールが生まれた」と納得顔で振り返った。2―0の後半31分にはGKとの1対1を冷静に制してダメを押した。前半27分にはファウルを受けて相手DFが一発退場。そのFKをベイノビッチが直接ゴールを決めた。全得点に絡む活躍で、試合終了前に「マン・オブ・ザ・マッチ」のアナウンス。日本代表のニュージーランド戦には選出されなかったが、このまま得点を重ねていけばW杯ブラジル大会でのメンバー入りも見えてきそうだ。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年3月3日のニュース