バルサ4発快勝 ダービー引き分けの首位レアルに1差肉迫

[ 2014年3月3日 11:34 ]

<バルセロナ4―1アルメリア>チーム3点目を決めたバルセロナの主将DFプジョル

リーガエスパニョーラ第26節

(3月2日)
 スペイン・リーガエスパニョーラ第26節の5試合が2日に行われ、バルセロナはホームでアルメリアを4―1で下した。勝ち点を63としたバルセロナは、アトレチコ・マドリードと2―2で引き分けた首位レアル・マドリードの同差を1に縮めた。

 前節首位を明け渡したバルセロナは序盤から猛攻を仕掛けると、前半9分MFセスクのシュートを相手GKが弾いたところにFWサンチェスが押し込んで先制。同24分にはFWメッシが強烈なFK弾を決めて加点。前半に1点を返されるも、試合終盤にDFプジョル、MFシャビが決めて突き放した。

 Aマドリードのホームに乗り込んだRマドリードは、前半3分FWベンゼマ弾で先制。しかし、同28分に追いつかれると、前半終了間際にはMFガビの豪快なロングシュートを叩き込まれて逆転される。後半は追いつきたいRマドリードが、一方的に押し込む展開となる。MFイスコ、DFマルセロらを投入すると、同37分MFロナウドが決めて同点。逆転を狙ってさらに押し込んだが、勝ち越し点は奪えなかった。

 5位ビジャレアルはホームで最下位ベティスと1―1で引き分け。6位レアル・ソシエダードはアウェーでセビリアに、バレンシアはアウェーで降格圏内バジェカノにともに0―1で敗れた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年3月3日のニュース