トットナム、ソルダード弾で辛勝 チェルシーと10差キープ

[ 2014年3月3日 10:54 ]

<トットナム1―0カーディフ>決勝弾を決めたFWソルダード

プレミアリーグ第28節

(3月2日)
 イングランド・プレミアリーグ第28節の3試合が2日に行われ、5位トットナムはホームでカーディフを1―0で下し、首位チェルシーとの勝ち点差10をキープした。

 前節下位ノリッジに敗れたトットナムは、序盤から降格圏に沈むカーディフを圧倒。前半28分カウンターからFWアデバヨールのクロスに、FWソルダードが合わせて先制。しかし、試合を通じて好機を決められず、追加点を奪えないまま試合は終了した。トットナムは次節以降、チェルシー、アーセナルと“ロンドン・ダービー”の連戦が続く。

 アストンビラはホームノリッジを4―1で下し、スウォンジーはホームでクリスタルパレスと1―1で引き分けた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年3月3日のニュース