城福監督 資金力豊富な昇格組警戒「残留には相当な覚悟が必要」

[ 2014年1月20日 05:30 ]

甲府新体制会見に出席した城福監督(下段中央)と小倉コーチ(下段左)ら

 甲府はクラブ史上初の3季連続J1へ、城福監督と小倉コーチの黄金コンビで挑む。

 06年、U―17アジア選手権を制した日本代表を率いていた城福監督は日本協会から別のコーチの就任を打診されていたが、固辞。千葉の強化部に属していた小倉氏の招へいを、当時のオシム監督に自ら直訴し、実現させた過去がある。

 城福監督は「指導者としての彼に絶対の信頼がある。昨季は資金規模が同じ大分と湘南が降格。はるかに上回るG大阪と神戸が昇格してきた。(J1残留には)相当な覚悟が必要」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年1月20日のニュース