レアル C・ロナウドが“高速弾”ベティスに5発大勝

[ 2014年1月20日 05:30 ]

ベティス戦で先制ゴールを決めたレアル・マドリードのC・ロナウド

 リーガ・エスパニョーラは第20節の4試合が18日に行われ、レアル・マドリードはポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(28)の先制ゴールなどでベティスに5―0で大勝。19日に試合があるバルセロナとアトレティコ・マドリードに勝ち点50で並び、得失点差でAマドリードを抜いて暫定2位に浮上した。

 C・ロナウドが“高速弾”を決めた。前半10分にドリブルから右足を一閃(いっせん)。GKが一歩も動けずゴール右上に突き刺さった。13日にFIFA年間表彰式で男子最優秀選手「FIFAバロンドール」を獲得してから公式戦2試合連続得点。“世界一”の決定力を見せつけた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年1月20日のニュース