バルサ、アトレチコともにドローで順位変わらず レアルとは1差に

[ 2014年1月20日 11:27 ]

<レバンテ1―1バルセロナ>攻め込むバルセロナのFWメッシ(右)

リーガエスパニョーラ第20節

(1月19日)
 スペイン・リーガエスパニョーラ第20節の4試合が19日に行われ、勝ち点で並ぶ首位バルセロナと2位アトレチコ・マドリードはともに引き分けたため、順位に変動はなかった。18日に勝利した3位レアル・マドリードとの勝ち点差は1に縮まった。

 バルセロナは開幕戦で7―0と大勝したレバンテとのアウェー戦で、引いた相手にスペースを埋められて苦戦。前半10分、CKからDFカラディモスに頭で決められて失点。同19分にCKからDFピケのヘディングシュートで追いついたが、その後はボールを支配して猛攻をしかけるも、勝ち越せなかった。バルセロナはリーグ戦2試合連続のドロー。

 Aマドリードはホームでセビリアと対戦し、前半18分FWビジャの得点で先制。しかし、後半28分ペナルティーエリア内で相手選手を倒してPKを献上。FWラキティッチにPKを決められて追いつかれると、セビリアの堅守を崩し切れなかった。

 ビジャレアルはホームでアルメリアを2―0で下し、暫定ながら欧州チャンピオンズリーグ出場圏内の4位に浮上。6位レアル・ソシエダードはアウェーでヘタフェと2―2で引き分けた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年1月20日のニュース