大津、ワントップで出場「取りあえず勝てたのが何より」

[ 2012年3月14日 23:04 ]

ロンドン五輪アジア最終予選C 日本2―0バーレーン

(3月14日 国立)
 ただ一人の欧州組の大津は、不慣れなワントップで先発。前半にはゴール前で絶好のパスを受けながらシュートを打てず、得点機を逃した。それでも前線を駆け回って五輪出場に貢献し「チームが勝てて良かった。個人的にはサイドの方が持ち味は出るが、取りあえず勝てたのが何より」と安堵感を漂わせた。

 所属クラブの事情で思うようにチームへの合流が実現せず、昨年11月以来の出場だった。本職ではないポジションだったが「あまりやったことがないけど、しっかりポストとつぶれ役をやって、ゴールを狙っていった」と後半37分に交代するまで、積極的なプレーを見せた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2012年3月14日のニュース