予選突破は通過点…清武「メダルを獲りにロンドンへ行く」

[ 2012年3月14日 22:14 ]

サッカーアジア五輪最終予選のバーレーン戦で、後半に先制ゴールを決め、比嘉(5)と抱き合って喜ぶ扇原
Photo By スポニチ

ロンドン五輪アジア最終予選C 日本2―0バーレーン

(3月14日 国立)
 五輪への扉を切り開いた。0―0で迎えた後半10分、原口のクロスに扇原が飛び込む。相手DFに倒されながらも、しっかり右足で捉えたボールはゴールネットを揺らし、日本に待望の先制点をもたらした。「(原口)元気が仕掛けて、いいボールをくれたので思い切り蹴りました」と扇原。

 これで吹っ切れた日本はその4分後に清武が決めて追加点。その後も得点のチャンスがあっただけに清武は「もう1点決めたかった」と悔しがったが、C組首位を守り、自力での五輪出場を決めた。

 大きな目標をクリアしただけに選手たちの喜びは大きい。だが、イレブンはここが通過点であることも知っていた。扇原が「オリンピックでもいい結果を」と言えば、清武は「メダルを獲りにロンドンへ行く」と豪語。視線を五輪本番へ向けていた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2012年3月14日のニュース