移籍金7億2000万円?長友、インテルに完全移籍

[ 2011年7月2日 21:02 ]

古巣のFC東京の試合観戦に訪れ、サポーターにあいさつするインテル・ミラノの長友

 サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)で日本代表DF長友佑都(24)が所属するインテル・ミラノは1日、クラブの公式サイトで同じ1部のチェゼーナから期限付きで加入していた長友を完全移籍で獲得したと発表した。移籍金については地元紙が600万ユーロ(約7億200万円)と報じていた。

 長友は昨年のワールドカップ(W杯)南アフリカ大会後にJリーグのFC東京からチェゼーナに1年間の期限付きで加入。今年1月下旬にチェゼーナが完全移籍で獲得し、長友は日本代表としてアジア・カップで優勝した直後の1月31日にチェゼーナからインテル入りした。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年7月2日のニュース