沢は「日本のプリンツ」 8強日本を独紙称賛

[ 2011年7月2日 20:07 ]

 サッカーの女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会の1次リーグB組でメキシコに快勝し、8強入りした日本の戦いぶりを2日、ドイツ地元紙が称賛した。全国紙フランクフルター・アルゲマイネは「『日本のプリンツ』32歳の沢がヘディングで試合を決めた」と3得点の沢穂希(INAC)を3連覇に挑むドイツ代表のエースFWになぞらえた。

 開催国のドイツと準々決勝で対戦する可能性もあるため、大衆紙ビルトは「ジルビア(ナイト監督)、気を付けろ」と見出しを付け、日本があきたこまちのコメを30キロ注文した途端に大勝したと紹介。大衆紙エクスプレスは「平均身長163センチの日本は今大会でも背の低いチームの一つ。積極的ですばしこく、見事なサッカーで8強入りを決めた」とたたえた。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年7月2日のニュース