日本に大敗 メキシコ監督ショック「心身とも立ち直るのは大変だ」

[ 2011年7月2日 08:10 ]

女子W杯1次リーグB組 日本4―0メキシコ

(7月1日 レバークーゼン)
 日本に大敗したメキシコのクエジャル監督は「立ち上がりの2点で、思っていたようなプレーができなくなった。日本におめでとうと言いたい。優勝候補の一つだと思う」と脱帽した。

 メキシコは2003、07年とW杯出場権を懸けたプレーオフで日本に敗れた。3大会ぶりの出場で因縁の相手と対戦が決まり「日本の前に立ちはだかりたい」と意気込んでいたが、はね返された。「とても痛い敗戦。心身とも立ち直るのは大変だ」と肩を落とした。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年7月2日のニュース