長友 総額5億8500万円と有望若手2人で完全移籍

[ 2011年7月2日 06:00 ]

 インテル・ミラノは1日、日本代表DF長友佑都(24)をチェゼーナから完全移籍で獲得したと発表した。

 代わりにU―21イタリア代表FWカルディオーラとU―17同代表FWガッリターノをチェゼーナに放出し、共同保有とする。地元紙では1月に期限付き移籍が成立した際の100万ユーロ(約1億1700万円)に加え、新たに移籍金400万ユーロ(約4億6800万円)が支払われると報じられており、クラブ生え抜きの有望株放出を含め、長友への高い評価がうかがえる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年7月2日のニュース