【日本ダービー】ガロアクリーク、古馬を子供扱い 上原師「不安もなく大一番へ」

[ 2020年5月28日 05:30 ]

ウッドチップコースで追い切るガロアクリーク(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 皐月賞3着ガロアクリークがオープン古馬を子供扱いにした。Wコースで5馬身先行したカタナ(5歳)に内から2馬身先着。上原師は「予定通りにいい調教ができた。何の不安もなく大一番へ向かえる」と笑顔。

 高松宮記念を連覇したキンシャサノキセキ産駒だが「(中・長距離系の)母系の特長が出ているので2000メートル戦でデビューさせた。折り合いがつくし、跳びが大きいから東京が合っている」と語る。「強い馬がたくさんいるが、体調に枠、展開などがかみ合えば逆転も夢ではない」と言葉に力を込めた。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2020年5月28日のニュース