【日本ダービー】ダーリントンホール、最高潮アピール 木村師「ワクワクします」

[ 2020年5月28日 05:30 ]

ウッドチップコースで追い切るダーリントンホール(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 ダーリントンホールがデビュー以来の大目標へ最高潮をアピールした。Wコースで4馬身先行したモンテグロッソ(5歳3勝クラス)を余力たっぷりに内から1馬身突き放した。

 木村師は「ダービーに向けて昨年のこの時期から逆算しながらやってきた。こうやって順調に行けるダービーはそうそうない。うれしいし、ワクワクします」と言う。「出遅れた皐月賞(6着)は体調が本物じゃなかったのかもしれない。それでも後ろから最後に伸びていたし、ダービーにつながる」と手応えをつかんでいた。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2020年5月28日のニュース