【日本ダービー】ディープボンド、躍動感たっぷり 和田「抑えきれないくらいの手応え」

[ 2020年5月28日 05:30 ]

和田騎手を背に追い切るディープボンド(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 京都新聞杯勝ちのディープボンドはCWコース単走で躍動感たっぷりの動きを披露した。大久保師が「(6Fで)85秒切るくらい、と考えていたら81秒台」とビックリすれば、手綱を取った和田も「抑え切れないくらいの手応え。思っている以上に良化している」と、さらなる上積みをアピールした。昨年は京都新聞杯2着のロジャーバローズがV。今年も京都新聞杯組は侮れない。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年5月28日のニュース