【安田記念1週前追い】アドマイヤマーズ、3頭併せで先着 友道師「太め感ありません」

[ 2020年5月28日 05:30 ]

川田騎手を背に3頭併せで追い切るアドマイヤマーズ(左)(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 出走予定のドバイターフが中止となったアドマイヤマーズ(牡4=友道)は、昨年12月の香港マイルを制して以来、半年ぶりの実戦となる。1週前はCWコース3頭併走で楽に最先着を果たし、6F78秒7~1F12秒0の好時計。

 友道師は「折り合いが付いて、追ってからも伸びた。休み明けでも動ける馬だし、太め感もありません」と合格点のジャッジ。「(2週連続で騎乗した)ジョッキー(川田)は“切れないけど、長く脚を使えますね”と。それが分かってもらえて良かったです」と結び、人馬一体の走りを期待した。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年5月28日のニュース