【日本ダービー】ウインカーネリアン、ラスト軽快併入 田辺「落ち着いて走れていた」 

[ 2020年5月28日 05:30 ]

イマジナリーラインと併せ追い切るウインカーネリアン(右)(撮影・郡司 修) 
Photo By スポニチ

 ウインカーネリアンはWコースでイマジナリーライン(3歳1勝クラス)を4馬身追走。直線で内に併せラスト1F11秒9と軽快に脚を伸ばして併入した。「落ち着いて走れていた。距離が延びるので何よりだと思う」と手綱を取った田辺。

 鹿戸師は「時計も良かったし、カイ食いも良くて調子がいい。相手はどんどん強くなるが、前走(皐月賞4着)みたいに自分のリズムで走って見せ場をつくりたい」と力を込めた。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年5月28日のニュース