【安田記念1週前追い】ダノンキングリー、萩原師動き納得「いい動きだった」 

[ 2020年5月28日 05:30 ]

リングアベル(左)と併せ追い切るダノンキングリー(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 先週から戦列復帰した戸崎と再コンビを組むダノンキングリー(牡4=萩原)は、Wコースでリングアベル(3歳未勝利)と併せ馬。4馬身後方から追走し、直線で内に併せていっぱいに追われ5F67秒2~1F12秒5で併入した。

 萩原師は「いい動きだった。中間も特に変わったところはない。前走(大阪杯3着)もいい競馬だったし、東京マイルは悪くない条件」と意気込みを語った。 

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年5月28日のニュース