【目黒記念】追ってひと言

[ 2020年5月28日 05:30 ]

 アイスバブル(池江師)調教は動かない馬だし、坂路ならなおさらでしょう。叩き2戦目の分、いい感じです。本質的に2500メートルは少し長いでしょう。

 アフリカンゴールド(西園師)アルゼンチン共和国杯で3着の実績があるし、もっと走れていい馬。ペースは流れてほしい。

 ウラヌスチャーム(斎藤誠師)前走の疲れを取りながらも動かして調整。状態は凄くいい。ハナにはこだわらないが、今の馬場を考えると前々でスムーズに運びたい。

 キングオブコージ(安田翔師)最終追いはリラックスさせることに専念しました。いい動きでしたよ。

 ゴールドギア(伊藤圭師)乗り役も調子がいいと言ってくれたし、中間も状態はキープ。53キロでどこまでやれるか。

 サトノクロニクル(池江師)動きは良かったです。ただ、2500メートルは少し長いかな。

 ステイフーリッシュ(藤田助手)現状のほぼベストと言える状態です。周りのペースに合わせると良くないタイプ。自分のペースで走れるかどうか。

 タイセイトレイル(久保助手)レースで気の悪さを出すけど、ミルコ(M・デムーロ)に続けて乗ってもらえるのはプラス。状態は悪くないし距離が延びるのもいい。

 ニシノデイジー(高木師)気分良く走っていた。ゲート練習もやって順調。不器用な面があるので広い東京のこの距離で良さが出れば。

 ノーブルマーズ(宮本師)3週連続でコースでやったし乗り込み量は十分。条件も合うので楽しみ。

 バラックパリンカ(横畑助手)いい動き。左回りは合うと思っていたので東京は歓迎。馬混みだと力むのでハナでもいいです。

 パリンジェネシス(久保助手)ひと追いごとに絞れて力は出せる態勢。

 ボスジラ(国枝師)具合は良く、この馬なりにやる気になっている。距離もちょうどいいし、速い馬場も大丈夫。

 ポポカテペトル(友道師)前走(3400メートル)は距離が長かった。具合がいいし、2400メートル前後がベストなので楽しみ。

 ミライヘノツバサ(木幡巧)使った後も出来落ちなく順調。距離が短くなるのも気にならない。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年5月28日のニュース