【葵S】ビアンフェ、2番時計4F51秒1 中竹師「幅も出て以前よりパワフル」

[ 2020年5月28日 05:30 ]

藤岡佑が騎乗し、坂路コース単走で追い切られたビアンフェ
Photo By 提供写真

 3歳重賞「第3回葵S」(30日、京都)で重賞2勝目を狙うビアンフェ(牡=中竹)は、栗東坂路でこの日の“2番時計”となる4F51秒1をマークした。騎乗した藤岡佑は「相変わらず、よく動きますね。乗るたびに背が伸びています」と成長を感じ取る。

 見守った中竹師も「幅も出て以前よりパワフル。スプリンターらしい体になってきた。渋ると駄目みたいだし良馬場で改めて」と前走(ファルコンS9着)からの反撃に燃えていた。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年5月28日のニュース