【日本ダービー】サトノフラッグ、余力十分併入 国枝師「文句なしの状態」 

[ 2020年5月28日 05:30 ]

アンティシペイト(左)と併せ追い切るサトノフラッグ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 皐月賞5着からの巻き返しを期すサトノフラッグは、Wコースでアンティシペイト(3歳1勝クラス)と併せ馬。2馬身追走し、内から馬なりで余力十分に併入した。国枝師は「前走は仕上がりすぎていた感じもしなくはなかったので今回は余裕残しの仕上げ。追い切りも道中ゆったりとリズム良く進めた。息の入りもいいし、文句なしの状態になっている」と満足げに話した。

 アパパネ、アーモンドアイと2頭の3冠牝馬を出した国枝厩舎だが、牡馬3冠は未勝利。「距離が延びるのはプラス。ダービーは運の強い馬が勝つと言われているが、運なら武豊君が持っている」と歴代最多ダービー5勝の鞍上に全権委任の構えだ。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2020年5月28日のニュース