柴田善臣騎手の三男がオートレース養成所に合格

[ 2020年5月28日 14:15 ]

 JKAは28日、オートレース選手養成所第35期選手候補生の入所試験合格者20人(応募者337人、倍率16.9倍)を決定したと発表した。

 特例者は男子3人で、その中にはJRA・柴田善臣騎手(53=美浦・フリー)の三男で17年の全日本ロードレースJ―GP2で年間5位に入った柴田陸樹(りっき、23)も含まれる。また女子は過去最多の8人が合格した(応募者38人)。

 合格者は9月1日から9カ月間の養成期間を経て、来年6月のデビューを目指す。なお入所式は9月中旬以降を予定している。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2020年5月28日のニュース