【オークス】デアリング馬主・岡田将一代表 TV観戦で安ど「よく届いた」

[ 2020年5月25日 05:30 ]

<東京11R オークス>レースを制した松山騎乗のデアリングタクト(左手前)。右奥は3着に入った和田騎乗のウインマイティー(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 馬主の(株)ノルマンディーサラブレッドレーシングの岡田将一代表(40)は北海道の岡田スタッドでレースをテレビ観戦。後方から直線一気での勝利に、「ヒヤヒヤしっ放しでしたよ。普通なら勝ちがない位置から、よく届いたと思います」と安どした。秋は3冠が懸かる秋華賞が大目標。「勝てば海外も見えてくるかと思いましたが、今の欧州の状況を考えると…。まずはファンの皆さんの前でG1を走ってからですね」と結んだ。3冠達成の暁には来年以降の海外遠征が現実味を帯びてくるはずだ。 レース結果

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2020年5月25日のニュース