【鳳雛S】コクオウ快勝!幸も笑顔「普通に走れば力は上」

[ 2020年5月25日 05:30 ]

<鳳雛S>悠々と押し切ったミヤジコクオウ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 3歳オープンの京都10R・鳳雛Sは1番人気に支持されたミヤジコクオウ(牡=川村、父ヴィクトワールピサ)が豪快な差し切りを決めて3勝目。先行して粘るダイメイコリーダを激しく追い上げ3馬身突き放した。幸は「ゲートは怪しかったけど出てくれました。普通に走れば力は上ですね」と笑顔。兄がダートG1・9勝を挙げたエスポワールシチー。弟もいずれ頂点に駆け上がる器だ。 レース結果

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年5月25日のニュース