【日本ダービー】ブラック&エンダー相沢勢2頭 軽めに単走追い「感触は良かった」

[ 2020年5月25日 05:30 ]

<日本ダービー>ウッドチップコースで追い切るブラックホール(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 2頭出しの相沢厩舎は共にWコースで単走追い。皐月賞9着からの巻き返しを図るブラックホールは直線で軽く仕掛けて5F66秒0~1F12秒8。「馬の気分に任せてスーッと加速。感触は良かった。バリバリ食べてバリバリ乗れています」と三尾助手。プリンシパルSを勝って臨むビターエンダーは中2週で5F70秒9と軽め。荒木助手は「レース後の疲れは取れて順調。折り合いがつくので距離も心配していない」と相性のいい東京での大駆けに期待を込めた。 日本ダービー

続きを表示

この記事のフォト

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年5月25日のニュース