【オークス】デゼル11着 経験の差出た「このクラスへの挑戦は早かったのかも」

[ 2020年5月25日 05:30 ]

<オークス>レースを終え引き上げるD・レーン騎乗のデゼル(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 無敗対決で注目を集めた2番人気デゼルは見せ場なく11着。後方から末脚勝負に懸けたが、これまでのレースで見せてきた鬼脚は不発に終わった。レーンは「3回目の競馬でこの距離、このクラスへの挑戦は早かったのかもしれない。能力は高い馬なのでこの経験が将来につながってくると思う」とコメント。友道師は「G1の壁なのかな。これを糧に頑張りたい」と話した。 レース結果

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年5月25日のニュース