【オークス】マリリン 早め先頭も2着「勝った馬は本当に強い」

[ 2020年5月25日 05:30 ]

<オークス>半馬身及ばず2着に終わった横山典騎乗のウインマリリン(右)
Photo By 提供写真

 不利な外枠からでも正攻法の競馬で最強の女王を慌てさせた。7番人気のウインマリリンは好スタートから2番手を追走。4角まで内ラチ沿いをぴったりと回った。直線でも最内を突き、コースロスはゼロ。早め先頭からしぶとく脚を使う勝ちパターンに持ち込んだかに見えたが、強烈な末脚を繰り出した勝ち馬に半馬身及ばなかった。

 騎乗停止の息子・横山武に替わって手綱をとった横山典は「今日の馬場、枠順を考えてああいう形の競馬に。勝った馬が強かった」と脱帽。手塚師も「外枠を考えれば最高の乗り方をしてくれた。勝った馬は本当に強いなあ」と口をそろえた。

 夏は休養に充て、逆転の秋へ英気を養う予定。「現状でもいい馬だが、成長が凄く楽しみ」と初コンビの鞍上が将来性を高く評価すれば、指揮官も「内枠ならあの半馬身差は何とかなっていたかもしれない。伸びしろはまだまだあるし、また次も頑張ってもらいたい」。早くも3冠阻止に闘志を燃やしていた。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2020年5月25日のニュース